Report

2004 LAコングレス

LAコングレスにて受賞のご報告
2004年5月27~30日にLAで行われました、第6回ANNUAL WEST COAST SALSA CONGRESS(通称LAコングレス)にて、わたくし、LA BOMBAの紀平まこもが世界に名だたるダンサー、ミュージシャン、プロモーター等の方々と並んで表彰していただきました。
いただいた賞は「In appreciation for your contributions as a dancer and instructor in the World of Latin Music and Dance 」とのことで、日本語で言うなら「功労賞」と言うようなものでしょうか。
思い起こせば第1回の1999年、日本からはわずか数名の参加者で始まったLAコングレスですが、今年の世界から何千、何万人規模となるのにほんの数年しかたっておりませんが、この間、第2回目よりTeam LA BOMBAとしてパフォーマンスをさせていただき、日本でも生徒の指導に地道に頑張ってきたことが評価していただけたのだと思っております。
そういう意味では、今回の表彰は私1人の賞でなくこれまで私のサルサ人生でかかわった多くの皆さんと一緒に受賞したものだと強く思っております。いつも応援して下さる皆さん、本当にありがとう。
そして、この受賞の機会に、また気持ちを新たに頑張ってゆこうと思っておりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします!
2004年6月 LA BOMBA代表 紀平まこも

第3回 West Coat Salsa Congress Reports

2001年5月末にLAで行われました第3回WEST CAST SALSA CONGRESSの様子をTeam LA BOMBAの天才文筆家 GUAGUA氏がレポートします。タイトルは「LA Nightmare」参加出来なかった皆さんも世界の熱い風を感じて下さい!

(さらに…)

ぐあぐあ氏の独り言 ***サルホ編***

5月20日
 いよいよサルホでパフォーマンスを披露する当日だ。朝から雨が降り、気分もさっぱりしない。遅い朝食を取り、マコモさんにいつも「ヘルメット」と呼ばれていじめられている分厚い髪を切りに出かける。自慢ではないが、頭髪の量は通常の人の倍あるとよく床屋に言われる、しかも、硬くて、癖があって、変な方向に生えているのだそうだ。だからどうしても、すぐにヘルメットのように盛り上がってしまうらしい。この日もおやじが「いや、ホントに癖っ毛だよね。」と分かり切ったことを大声で話しかけてくる。「何度も聞いたよ、それ。」の言葉を飲み込みながら、本番のイメトレに集中する。不思議なもので、何度もイメージを重ねていくと、実際簡単にできるような気になってくるのだ。本当にできればそれに越したことは ないが。
 15:50。立ち位置を調整して、本番前の最終リハーサル。かなりいい出来だ。マコモさんも「これまでで最高の出来」と話す。イメトレの成果か?
 本番の順番は、後ろから2番目ということもあって、集中して前のチームのパフォーマンスを見ることができないのが少々残念。アダジオ商会を始めとして次々とパフォーマンスが終わっていく。ついに前のチームのパフォーマンスが終了。程良く緊張。ただ硬くなってはいない。楽しさもこみあげてくる。マコモさんの手をぎゅっと握ると、マコモさんがガシッと握り返してくる。頼もしい人だ。ラボンバの名前が呼ばれ、皆で円陣を組み、気合いを掛けて入場。ぴよぴよ…と曲が始まる。体が自然に動いてとてもいい気分だ。やはりリハの時よりは床がだいぶ滑りやすくなっている。が、これも予定通りだ。男性シャインも無難にこなし、最後のフィニッシュへ、ここで、いきなりつまづく。本番直前に改善したところでボロが出たか、という感じだ。まあ、後でビデオで確認してもさほどわからないので、まず良しとしよう。5回転もいつになくピタリと決まり、観客の大きな拍手。心地よい達成感が体全体を包み込む。フリーで踊っていた女性4人のピヨ隊(ピンクの衣装)には、「かわいい」という歓声が投げかけられてとても盛り上がる。後で、ペアダンスにでた女性3人のトカゲ隊(衣装の形からそう呼ばれる)が悔しがったのも無理はない。
 控え室に戻って早速ビデオチェック。チーム全体としてもまずまずの出来だったようだ。70点くらいだろうが、とりあえず本番とはそんなものだろう。実力の7割程度しか出せないものらしい。友人達に感想を聞きに行く。皆誉めてくれた。お世辞もあろうが悪い気はしない。ただ1点、マコモさんが本番前、目の上に入れてくれた化粧の色が赤みがかったブラウンだったため、友人達から、まぶたが腫れているみたい、とからかわれた。「そんなことないよ、マコモさんがせっかくやってくれたんだし。」と思いつつも、マコモさんに後でこのことを話すと、「あぁ、あれ、あれは失敗」と一言で片づけられる。……頼もしい人だ。