Report

2004 LAコングレス

LAコングレスにて受賞のご報告
2004年5月27~30日にLAで行われました、第6回ANNUAL WEST COAST SALSA CONGRESS(通称LAコングレス)にて、わたくし、LA BOMBAの紀平まこもが世界に名だたるダンサー、ミュージシャン、プロモーター等の方々と並んで表彰していただきました。
いただいた賞は「In appreciation for your contributions as a dancer and instructor in the World of Latin Music and Dance 」とのことで、日本語で言うなら「功労賞」と言うようなものでしょうか。
思い起こせば第1回の1999年、日本からはわずか数名の参加者で始まったLAコングレスですが、今年の世界から何千、何万人規模となるのにほんの数年しかたっておりませんが、この間、第2回目よりTeam LA BOMBAとしてパフォーマンスをさせていただき、日本でも生徒の指導に地道に頑張ってきたことが評価していただけたのだと思っております。
そういう意味では、今回の表彰は私1人の賞でなくこれまで私のサルサ人生でかかわった多くの皆さんと一緒に受賞したものだと強く思っております。いつも応援して下さる皆さん、本当にありがとう。
そして、この受賞の機会に、また気持ちを新たに頑張ってゆこうと思っておりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします!
2004年6月 LA BOMBA代表 紀平まこも

第3回 West Coat Salsa Congress Reports

2001年5月末にLAで行われました第3回WEST CAST SALSA CONGRESSの様子をTeam LA BOMBAの天才文筆家 GUAGUA氏がレポートします。タイトルは「LA Nightmare」参加出来なかった皆さんも世界の熱い風を感じて下さい!

(さらに…)

ぐあぐあ氏の独り言 ***練習編***

こんにちは、中山と申します。先日、チーム・ラボンバの一員としてLAにて パフォーマンスをしてきました。 すでに石渡さんが、一部報告していますが、補足ということで、はるばる、5月のパ フォーマンス練習から、サルホでのパフォ-マンス、LAに至る回顧録をまとめてみ ましたので、お暇な方は読んでやって下さい。
まず、前編から。
<練習編>
 パフォーマンス曲gua gua siの振り付けが一応完成したのが4月末。5月のGWは毎日練習に励む。こんなGWは初めてだ。優しい妻も心の片隅で本当は恨んでいるのかもしれない。しかし、人は為すべき時に為すべきことがある。為すべきその瞬間を逃すようでは、この世に「生」を受けた意味がないのだ。窓際でダンスシューズの靴底のゴミを払い落としながら背中越しにそう話しかけると、妻が足下にそっと掃除機を置い ていった。……。
5月16日
 LAコングレスを前に練習に熱が入る日々が続いている。特にサルホでのパフォーマンスまでは残すところ数日となった。先週末から悩まされてきた原因不明の腰痛(単に疲れか?)もだんだん軽くなってきた。ふとみると、ペアの相手のマコモさんからメイルが入っている。またアドレスが文字化けしている。特にスペースが「憎」という字になるのはどいういうわけだろう。「中山憎和紀」と書いてある。文字化けとわかっていても、何となく呪われた気分になる。でも、負けない。
 気を取り直して、メイルを読むと、昨夜の練習を踏まえて今日の課題が列挙されていた。1.○○は要修正、2.△△は何度もいわれないように、3.□□は昔の方がよかった、4.○○ はしっかりリードして、5.△△は全く進歩が見られない、6 .□□は全然ダメ、7.○○は気持ち悪い、8.△△は最悪、と全部で8つだ。どれも、その文面通り鍛錬と精進が必要だ。こんな時、「あわわ、ほとんど全部ダメじゃないか」と思ってしまう人は人生を後ろ向きに生きていると言っていい。8の「最悪」の文字までたどりついたとき既に魂は凍りつき、目は中を泳ぎ、心は現実を逃避し、キティちゃんと戯れていることだろう。しかし、普段前向きに生きているグアグア中山は、「あと8つだけ、あと8つだけ、…」と呪文のように唱えながら今夜も練習に向かう。負けない。
5月17日
 今日もはかばかしい進歩が見られない。まだまだ課題が多い。梅雨空のようなはっきりしない天気が続く中、心の中もじめっとしがちだ。23時過ぎの練習帰りの京王線の中、思わず深いため息が出そうになる。ふと横を見ると、左隣に座っているマコモさんも電車の天井を虚ろに見上げている。たぶん疲れているのだろう。それとも、女性セブンの吊革広告をみているのか。元WINKの相田翔子の歌手復帰が気になるのか、中井貴一の婚約か。わからない。
 何か話しかけようとして、「マコモさん、おもしろい傘ですね」といって傘を手に取る。ずいぶん細長い傘だ。本番までに○○kg痩せるといつぞや宣言していた姿が、そのときなぜか目に浮かび、乙女心のいじらしさにふっと笑みをこぼす。「なに?」と聞いてくるマコモさんに、少し間を置き、口から出た言葉が「これってプラスチック?」だったのはそんな気持ちの表れだろうか。わからない。